治療方法

治療方法

脈診流経絡治療

脈診流経絡治療(みゃくしんりゅうけいらくちりょう)とは、気血の調整をおこなう伝統的な鍼灸治療です。
脈診を中心とした東洋医学本来の診察法(四診法)にもとづき、お一人おひとりさまの病状と体質(証)にあった根本治療をおこないます。
身体にそなわる自然治癒力を高めながら病状の改善をはかることを治療の基本としています。
本治法と標治法の二つの治療をあわせておこないます。本治法(ほんちほう)は身体全体をめぐる経絡の気血の流れを整えることで身体の働きを整える根本治療です。
標治法(ひょうちほう)は、主訴を中心とした経穴をもちいて病状の改善をはかる対症療法です。
身体への根本治療と病状への対症療法をあわせておこなうことで自然治癒力が高められ、より早くより確実に病状の改善をはかることができます。
身体にそなわる自然治癒力を高めながら病状の改善をはかることが東洋医学の特長です。

やさしい鍼灸

やさしい鍼灸治療ですので、乳児や女性の患者さんも安心して通っていただいています。
髪の毛の細さほどの柔らかな鍼(はり)を使用しますので、鍼の痛みは決してありません。
お灸も知熱灸(ちねつきゅう)といいまして、米粒ほどに小さく捻ったもぐさを温かく感じたところで取りますので、ほんのりと温かくて心地のよいものです。
使用する鍼と鍼皿はすべて滅菌済のディズポーザブル(使い捨て)ですので、感染などの危険性もありません。ご安心ください。

小児はり

お子さまへのはり治療「小児はり」もおこなっています。特に、小児喘息やアレルギー性皮膚炎(アトピー)、夜泣きなどで悩まれているお子さまへの治療に力を入れています。
先の丸い小児用の刺さない鍼で、皮膚をなでたりさすったりしながら身体の働きを整えます。皮膚を軽くなでたりさすったりするだけですので痛みは全くありません。お子さまも怖がらずに気持ち良さそうに治療を受けておられます。
当院では、乳児(生後2か月)から小学生までのお子さまに「小児はり」の治療をおこなっています。

治療の流れについて

治療時間は40分~50分程です。
予診表に記入していただきまして、病状と身体の状態を問診にてよくお聞きします。
その後、問診、触診、腹診、脈診、治療、の流れで進みます。
本治法は手足の重要な経穴に、標治法は痛みのある患部や背部を中心とした経穴にそれぞれ鍼とお灸を行います。
治療中は何度も脈診と触診を行うことで、身体の状態を確認させていただきます。
最後に、脈診と触診により身体の状態が良くなったのを確認して終了となります。
術後は、病状のご説明と治療日数、食事法や養生法をふくめた普段の生活の中での注意点やアドバイスなどをさせていただいています。次回の来院日や治癒までの治療期間(治療計画)などの確認をさせていただいてお帰りとなります。

東洋はり医学会

当院の鍼灸治療は、「東洋はり医学会」方式の脈診流経絡治療です。東洋はり医学会は、昭和34年の発足以来50年以上に亘り、脈診流経絡治療によるはり専門家を育成してきました。現在は、国内外に1,300名ほどの会員が在籍し、毎月それぞれの支部(宮崎支部)において講習会を行なっています。

アクセスマップ

〒880-0211
宮崎県宮崎市佐土原町下田島20077-2
アネックスたけい101号室

【予約制】
電話番号 : 0985-73-4963

  • 日曜日は休診です。
  • 月、火、木、金の受付時間は8:00~18:00です。
  • 水、祝日は12:00、土は16:00までの受付です。
  • 予約制ですので、ご来院前に一度お電話ください。
  • 駐車場は、入口から2番目の3と5です。
診療時間
9:00~20:00   
9:00~13:00     
9:00~17:00